福岡/熊本で医療機関経営・人材育成専門の会計事務所をお探しなら「平井公認会計士事務所」へご相談ください。

事業内容

サービス
一覧

BASIC 一般的な会計事務所のサービス

一般的な会計事務所のサービスとして次の4つがあります。

記帳代行

領収証や請求書、通帳、クレジットカード明細、レセコンデータや窓口の現金出納帳などから会計システムに入力します。その結果、「売上」、「経費」、売上から経費を引いた利益、預金や医療器械といった「財産」、借入金といった返済すべき「負債」の状況がわかる「試算表」という会計資料を作成することができます。
お客様にご準備、整理していただく資料もございますが、お客様のご負担を軽くするためにはどうすればよいか、常にお客様の視点にたって改善を図っていきます。

訪問による会計報告

会計事務所によって、お客様への訪問頻度は年に1回、半年に1回、3ヶ月に1回、月に1回とまちまちです。通常、訪問頻度が少なくなるほど、顧問料は安くなる傾向にあります。
しかし、環境変化の激しい昨今においてはいかにタイムリーにクリニックの財政状態や経営状況を把握し、これからの戦略、戦術を練り、実行していくかが重要になってきます。
したがって、平井公認会計士事務所では、原則として、月に1回(1~2時間程度)の訪問を基本サービスとしています。

決算、申告業務

1年間のクリニック経営状況や財産状態がどうなったのかを明らかにする「決算」を行い、税務署等に申告します。医療機関の決算や税務申告は他の業種にはない特殊な処理がありますが、弊事務所は医療機関専門のため、正確かつ迅速な処理が可能です。

労務関係手続、給与計算

スタッフの給与計算、入社退社に伴う雇用保険等の手続きも会計事務所の一般的な業務です。
未払残業代や不当解雇のトラブルが近年増加しています。トラブルを未然に防ぐためにも、就業規則を整備しておくことも有効です。
必要に応じて労務関係の専門家である社会保険労務士と連携して、ご対応いたします。

これらサービスは会計事務所の基本サービスです。弊事務所はこれらの基本サービスこそ最も大切にしております。
どこでもやっているサービスをどこよりも正確に、お客様にわかりやすくご報告できるレベルになって初めて、付加価値の高いサービスを提供できるようになると理解しているからです。

SPECIAL 平井会計事務所だからできるサービス

1.キャッシュフロー経営

医療経営において、売上をいくら上げるか、利益をどれだけ残すかということは非常に重要ですが、それ以上に重要なのは、いくら手元にキャッシュを残せるか、です。
スタッフを増員する場合も、医療機器を購入する場合も、院内の改装をする場合も、手元に自由に使えるキャッシュが残っていなければなりません。実は、一般的な試算表や決算書では、「なぜお金が増えたのか、減ったのか、」がわかりにくくなっています。
弊事務所では、毎月固定的に出て行くキャッシュ、売上に応じてでていくキャッシュ、先生が残したいキャッシュから逆算し、必要な売上等の目標値を算出いたします。また、キャッシュを残すための資金繰りのご提案も行います。

2.医療法人設立支援

医療法人設立支援

実はすべての会計事務所が医療機関に精通しているわけではありません。医療機関の顧問先を数件しか担当していない、もしくは担当したことがない、という会計事務所もあります。そして、すべての会計事務所が医療法人成りに対応できる能力を持っているわけではありません。
医療機関に専門特化していない一般的な会計事務所では、医療法人成りの案件自体が少なく、効率的に業務を行うことができないだけでなく、面倒に感じられることも多いようです。結果として、本来医療法人化したほうが先生にとってメリットがあるにもかかわらず、医療法人成りに消極的になる会計事務所もあるようです。実際、個人クリニックを開業するときに担当していただいた税理士が医療法人成りの経験がないため、医療法人成りのタイミングで弊事務所にご依頼いただくケースも数多くあります。
弊事務所では医療法人成りした場合のシミュレーションを行い、個人クリニックの時と比較して、節税などキャッシュ面からどのようなメリットがあるか、その他医療法人成りのメリット・デメリットをわかりやすくご説明いたします。
その上で、医療機関専門特化の会計事務所の強みを生かし、迅速かつ正確に医療法人設立手続きを進めていきます。また、理事会・社員総会議事録の作成指導や、必要に応じてクリニックスタッフや門前薬局の方への医療法人成りのご説明をさせていただきます。

3.患者数動向分析

クリニックの「売上」は患者単価と患者数の積によって計算されますが、試算表や決算書からは患者単価や患者数を把握することはできません。平井公認会計士事務所では、レセコンから患者単価と患者数を把握し、毎月その推移を把握していきます。患者単価が同じ診療科のクリニックと比較して高い場合には指導を受ける可能性があり、低い場合は点数の取り漏れの可能性があるため、診療単価の情報を先生と共有していきます。
また、患者数は新患患者数と再診患者数に分けて分析し、新患患者数の伸びが鈍化してきている時は、認知度を高めるための広告戦略等を検討し、再診患者数が減少している場合には、スタッフの接遇研修や待ち時間対策、アンケート調査等によって患者さんの満足度向上を図ることを先生と共に検討していきます。
患者単価、患者数は時点比較できるようにグラフで「見える化」して先生にわかりやすくご説明いたします。

4.院長先生のライフプラン相談

院長先生のライフプラン相談

先生の人生観や哲学、家族構成によってライフプランは当然異なってきます。自分が元気なうちはいつまでも院長として働きたいと思うのか、早めに引退して悠々自適に老後を過ごしたいと思うのか、またご子息にクリニックを継承して欲しいため、私立医学部進学を考慮して学費を準備するのか、そこまでの学費の準備は必要ないと考えるのか、などによって個人やクリニックに残すべき資金が異なってきます。弊事務所では表面的なクリニックの節税対策に終始することなく、先生のライフプランを十分考慮した役員報酬の決定や経費の使い方などのアドバイスをいたします。

5.クリニック開業支援

新規にクリニックを開業する場合、開業地、建築・内装施工会社、金融機関、医療機器、備品、広告会社等さまざまなことを選定する必要があり、その道のプロの力を借りるべき場面がたくさんあります。しかし、無数に存在する専門家や専門業者の中から本当に信頼できるプロを見つけ出すのは容易ではありません。悲しいことに、医療機関に携わる業者の中には、先生の利益よりも自分の利益を優先し、過剰な設備投資を促し、または相場よりも高い金額で提案するところも存在します。そして、開業時の納品やサービス提供が終わるとすぐに先生との関係を絶ち、先生が困ってもなんのフォローもしない、というところすら存在します。
平井公認会計士事務所では顧問契約の締結は先生との一生のお付き合いが始まることを意味する、と捉えています。クリニック経営を成功させ、先生の物心両面の幸福を追求することが、平井公認会計士事務所の発展につながる、というまさに同じベクトルで歩むことになります。
そのため、医療機関に精通しているだけでなく、先生のクリニック経営の成功を応援したい、という熱い想いを持った各分野のプロフェッショナルをご紹介し、プロ集団チームとしてクリニック開業を支援いたします。

人財育成

スタッフ教育支援

多くの経営者は「自分の右腕がいない、社員が受身で困る、管理職が部下を育てられない、育てようとしない」などの「人」の悩みを抱えています。“企業は人なり”という言葉がありますが、中小企業が優秀な人財を確保するのは非常に難しいのが現実です。なぜなら、優秀な人財の多くは大手企業に就職してしまうからです。
そのため、クリニックや中小企業は、自分の組織に入社してくれた人財を優秀な人財へと育てていかなければなりません。しかし、人財育成は非常に時間と根気がいります。そこで、平井公認会計士事務所では経営者が自分達だけではできない人財育成のお手伝いをさせていただきます。

方針

  • 業績を向上させ「理想」を「現実」にするために組織の土台造りを行います。組織の業績を向上させるためには、戦略も大事ですが、戦略を実行する「人」を活性化させることが最優先事項です。経営者のミッションとビジョン実現に向けて土台造り=人造りをしていきます。
  • 知識や情報を教えるのではなく、社員自らが課題を発見し解決策を導けるようになるための取り組みを行います。
  • 会社や組織によって課題は異なります。課題に応じた人財育成を行います。

得られる効果

  • 部下を育てる人材が育成され、人財育成が内製化できます。
  • 結果に責任を持つプロ意識の高いプロ社員へと成長します。
  • 労働問題が起きにくい、健全な組織へと変革していきます。
  • 社員が組織改善のために自ら考え行動するようになるため、会社に対する不満が改善され、社員の定着率が向上します。
  • 社員の定着率が向上するため、無駄な求人コストが削減されます。
  • 経営者の右腕となるNo.2の人材が育成されます。
  • 経営者の自由な時間が増え、経営者が本来やるべき仕事、やりたいことに専念できます。
  • 経営者が不在でも組織がまわるようになります。

こんなお悩みをお持ちの方に

こんなお悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。

1.開業準備をされているドクター

  • 医療に詳しい会計士・税理士に相談したい。
  • フットワークの軽い若手の会計士、税理士を探している。
  • 電話以外にメールで質疑応答や必要書類をPDF等でやりとりできる会計士・税理士がよい。
  • クリニック開業を支援してくれるコンサルタントを探している。
  • 信頼できる不動産屋を紹介してほしい。
  • 診療科ごとに患者さんやスタッフの最適な導線を考えた内装工事、建物建築工事をしてくれる経験豊富な施工業者を紹介してほしい。
  • 候補物件について、客観的な第三者の意見を聞きたい。
  • スタッフの採用について相談したい。
  • 適正な人件費率が知りたい。
  • 事業計画書を作ってくれる人を探している。
  • 融資について相談したい、希望額の融資が可能かどうか知りたい。
  • 開業後、最低限必要な売上、患者数が知りたい。
  • 何から手をつけていいかわからない。
  • 開業医の父のクリニックを事業承継する予定だが、自分が引き継いだ後は、父の顧問税理士から変えたい。
  • 開業前に支出するもので、どのようなものが経費になるか教えて欲しい。
  • 物品購入の時期や支払方法について開業後にどのような影響があるか教えて欲しい。
  • 開業と同時期に住宅を取得したほうがよいのか、開業後の方がよいのか、医療法人になってから法人で住宅を取得した方がよいのか、教えて欲しい。

2.既に開業されているドクター

  • 医療に詳しい税理士に変更したい。
  • 今の税理士は税務署の方を向いているため、自分の考え方や想いを理解する努力をしてくれる税理士に変更したい。
  • 今の税理士は売上や税金の話しかしないため、設備投資やスタッフの採用・教育・評価、将来計画など経営アドバイスをしっかりしてくれる税理士に変更したい。
  • 医院の数字をわかりやすく説明してくれる税理士に変更したい。
  • 医療法人成りの相談がしたい。
  • 顧問税理士は変更できないが、セカンドオピニオンが欲しい。
  • 顧問税理士を変更したいが、変更前の方がよかった、と後悔したくないので、お試し期間として2ヶ月程関与して欲しい。
  • 息子に医院を引き継ぎたいが、アドバイスをくれる税理士を探している。
  • 増患対策に強い会計事務所を探している。
  • スタッフのモチベーションがあがる評価制度や福利厚生制度のアドバイスをしてくれる税理士に変更したい。
  • 若くてフットワークの軽い税理士に変更したい。
  • 一緒に医院の将来を考えていけるパートナー(相棒)を探している。
料金に
ついて

※価格は税抜き価格です

会計税務

  •  
  • 個人事業
  • 医療法人
  • 月次顧問料
  • 50,000円/月
  • 60,000円/月
  • 決算料
  • 250,000円/年
  • 300,000円/年

※上記はクリニックの場合の基本料金表になります。病院、複数クリニック、介護事業、別会社を経営されている場合などは、別料金となります。
その他、事業規模、経理処理状況など個別事情により変動することがございます。

人財育成

コンサルティング内容例

・経営会議、経営者コーチング
・管理職育成、一般社員育成
・チームビルディング

期間

原則月1回訪問・年間契約

報酬

100,000円/月(20人未満)
※20人以上の場合、別途相談

以下については、申告書等の提出が必要な場合のみ、別途請求させていただきます。

消費税等申告
30,000円
法定調書
30,000円
償却資産税
10,000円
不動産所得申告
50,000円
譲渡所得申告
50,000円
確定申告時の医療費控除集計
10,000円
給与計算
(基本料金30,000円+10名を超えた分から1名につき1,000円)
年末調整 (源泉徴収票作成、給与支払報告書提出)
基本料30,000円+5名を越えた分から1名につき2,000円
医療法人成支援(登記費用含む)
800,000円
生産性向上設備投資促進税制支援業務
250,000円
顧問契約以外のスポット業務の打ち合わせ
1回につき3万円
  • 初回相談
    無料

    初回のご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

  • 3ヶ月間
    返金保証制度

    弊事務所のサービスにご満足いただけない場合には、顧問契約から3ヶ月以内であれば顧問料全額返金いたします。

よくある質問
会計士・税理士の選び方を教えてください。

税務顧問契約を締結されると、その会計士・税理士とは長い付き合いになるのが一般的です。一生のお付き合いになることもあるかと思います。
そのため、会計士・税理士を選ぶ時は、まず人として信頼に足る人か、話しやすく、相談しやすい人か、専門知識を振りかざすことなく、まずお客様の声に真剣に耳を傾けてくれる人か、を見てみることだと思います。
次にお客様の事業そのものに対する専門知識があることも重要です。
会計士・税理士は得意・不得意分野があることが一般的です。医療業、不動産業、美容業、飲食業など様々な業種がありますが、その会計士・税理士がどの分野に強みがあるかをホームページや実際にお会いして確認されるとよいと思います。

平井公認会計士事務所に依頼するかどうか迷っているのですが。

平井公認会計士事務所ではお客様に安心してご契約いただけるように「3ヶ月返金保証制度」を設けております。弊事務所のサービスにご満足いただけない場合には、顧問契約から3ヶ月以内であれば顧問料全額返金いたします。

遠方のお客様の対応はどうされていますか?

多くのお客様は基本的に月に一度お会いさせていただいておりますが、お客様が遠くにお住まいで頻繁にお会いするのが難しい場合には、お客様の同意の上で、電話打ち合わせやskype、グーグルハングアウトなどを活用して対応させていただいております。

既存の税務顧問契約はそのままで、平井公認会計士事務所から経営のアドバイスなど何かサービスを受けることはできますか?

既存の税務顧問契約を継続されたままで平井公認会計士のサービスを受けることはできます。

・増患対策アドバイス

・スタッフの人材教育

・事務長の経理指導

・資金繰り対策

・経営会議への参画

・事業計画作成

・他の税務会計事務所の業務のセカンドオピニオン業務

等ございます。お気軽にご相談ください。

開業支援をしていただけますか?

お任せください。医院の開業には様々な専門家や専門業者の協力が必要となってきます。必要な専門家・協力業者を選び、チームを組成し、そのチーム取りまとめる役割としての会計事務所選びは大変重要です。

開業後、順調に売上を伸ばしていくには、開業前の戦略・戦術と準備が非常に重要になります。

開業地選定、金融機関交渉、マーケティング等開業において重要なポイントをおさえた上で支援させていただきます。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問合わせはこちら

Copyright© 2020 平井公認会計事務所 All rights reserved.